<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< できたぁあああ!! main 日曜・月曜は休みです >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.04.02 Wednesday - -
そんな!
昨日(っつーか今日)必死に書き上げた小論文が、突っかえされました。今日の明け方にできた小論文は、完成から約12時間後に散りました。ずーん…。
あたしが悪いんですよ。実はあれ、えー、1週間遅れだったんですね。先週、どーしても完成しなかったので、授業ごとサボって提出しなかったんですよ。1週間延ばしてもギリギリになるあたしどんだけェー。

ドキドキしながら今日出してみたんですが、締切りは締切りだと言われました。
それで、先週 授業に出れなかった理由を400字で書いてこいですって。それで先生がよしと思えば受けとってくれるって。

フィクションOK。

何じゃそりゃぁあ!そりゃ本当の理由で400字も書けないから、フィクションで書く気満々だったけどさ、先生に公然と言われると…。「文章ってそんなもんだよ」って、そりゃそうだけどさぁ…。


さぁ何書こう。一番に浮かんだのが“子供が産まれそうな妊婦さんを助けて…”。言い訳といえばコレ。今は“軽井沢に行ってて…”もアリですな。
“家族が全員、箱に詰められてて…”ダメだダメだダメだ。いぃネタないか〜。次の日曜ぐらいまで募集中ぅ〜(考えろ)。


「学校に行く途中、風景に不似合いなヘリコプターを眺めながらあるテニスコートの横を通ると、辺りが急に暗くなりました。驚いて見回すと、なんとテニスコートから“闇”が出ています!パニックになりそうなのを必死に抑えながらその根元を探してみると、怪しくゆらめく“闇”は、コートに立っている1人の男の人から出ています。その人が何か喋っているのが聞こえました。『どうした手塚……?顔が青いぞ』真っ青なのは私の顔です。彼らは一体、あそこで何をしているというのでしょう。テニスだとでもいうのでしょうか。手塚と呼ばれた人は無事なのだろうかと思い、そちらに目をやると、その人の体も何やらキラキラ光っています。これは夢…?私はその場に立ち尽くしました…」

詰め込みすぎ。
313字。こんなんならすぐ書けるのに…。(先生の厚意を無駄にするな)
2007.06.21 Thursday オタクな日々 comments(1)
スポンサーサイト
2008.04.02 Wednesday - -
comment
『大学生になってから一人暮らしをしていた私は、妹の誕生日を祝うために実家に帰りました。大切な試験を目前としていたのですが、久しぶりの家族との再会とあって、自然と速くなる足で実家へ向かいました。道のりの途中でプレゼントを調達し、最近少し生意気になり始めた妹に、何か一言言ってやろうなどと考えながら、私は懐かしい玄関をくぐったのです。
そして、私はおかしなことに気付きました。
三人の人間が一斉に出迎えてくれるはずだったのですが、思い浮かべていた暖かい笑顔の代わりに、家の中に満ちていたのは鼻が曲がりそうなほど強い、鉄の匂いでした。私は廊下を走り、居間の戸を乱暴に開けます。すると、そこは赤く、天井といわず壁といわず鮮やかに染められていて、まるで一つの箱のようでした。血液以外に家族の姿はありませんでした。
その翌日、重たく赤い箱が三つ、届けられました。家族が帰ってきたのです。
それが、先週の木曜日のことでした。』

鍵カッコ抜いてジャスト400字だよカラリん! もうあまりにねむすぎて自分が何をしているのかわかりません。どうせ書くならちゃんと提出できるようなやつにすればいいのにと今気付きました。
| ハル | 2007/06/23 3:31 AM |